膜厚計・塗料原料・塗料関連機器ならニッペトレーディング


トップページ
会社概要
膜厚計・引火点試験機・太陽灯
国内ネットワーク
海外ネットワーク
 









くし形ウェットフィルム膜厚計 サーファテスト

   くし形ウェットフィルム膜厚計 サーファテスト

概要

エレクトロフィジック (ElektroPhysik) のくし形ウェットフィルム膜厚計です。未乾燥の塗膜に押し当て、ぬれ膜厚を素早く簡単に測定できます。

使い方

  1. 塗料を塗装後、サーファテストの歯を塗装面に対して垂直に置きます。
  2. サーファテストを外して、ぬれ塗膜に最後に触れた歯と最初に触れなくなった歯との間にある目盛を読みます。

仕様

品番 80-001-0000
品名 サーファテスト
測定範囲
 25~800µm
目盛 (µm) 25, 50, 75, 100
125, 150, 175, 200
250, 300, 350, 400
500, 600, 700, 800
付属品 収納ケース

製品画像


メーカー紹介

エレクトロフィジック (ElektroPhysik) 社はドイツのケルンに本社を構える膜厚計のトップメーカーです。
1947年にエリッヒ・ステイングローバー博士によって設立されて以来約70年の製造・販売実績があり、世界各国で事業を展開しています。
同社は非破壊膜厚測定の分野におけるパイオニアとして、膜厚測定の国際標準化に加えて新製品の開発を成功裏に発展させてきました。
全ての製品は品質マネジメントプログラムに関する国際規格ISO9001に基づく徹底した品質管理の下、ドイツ国内で製造されています。






前のページにもどる